5月 25, 2018 - クルマ関連, 未分類    No Comments

ギラエッジの保管方法は要注意

漏れ漏れです。

初使用から2〜3週間後くらいのことです。

久々の簡易洗車時に、ハッチの中に常備してる色々な容器を詰めているケースを開けると、

液浸し!

なんの液なのか。
切り分けていくと、犯人は最近仲間入りしたばかりのこの子と判明。

蓋はしてますが
横置きでケースの中に入れてましたので、おそらく走行したことで揺さぶられて振られて中身が少しずつ漏れたものと思われます。

他の容器もぬるぬるのギラエッジ浸しになりました。
横置きでクルマの中に置いてたのも、他の容器と一緒くたにしてたのも、完全に自分が悪いです。。

裏の説明に横置きがダメとは書いてないんですけどね〜

底面が丸い形状なので縦置きは難しいというかひと工夫必要になります。
おとなしく家の中で保管することにしました。

にしても
只でさえ少ない内容量が更に少なくなりました笑

勿体ないので
こぼした液はスポンジで吸い取ってそのままタイヤに塗っときました。

無造作に横置きしてると気付いた時には中身が無くなってるなんて事になりかねないので要注意です!

あ、商品自体に対する自分の中の評価は4くらいのままです(知らんがな


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!

コメントは(特に初コメントの場合は承認後の公開となる為)、公開まで時間が掛かる場合が御座います。ご了承下さい。