流行りのやつです。

ここ数年はブラックキャップを買ってました。
1箱買って設置しておけば確実にパタリと姿を見なくなりますし、恐ろしいほど効果を実感できる本当に良い商品だと思います。
ただどちらかというと誘引駆除剤、つまり寄せ付けて仕留めるタイプですし、頻繁にエンカウントする環境というわけでもなければわざわざこちらから寄せ付けるのも嫌だなという思いもありました。あと毒薬ですから片付ける際に近辺で何やワケのわからん虫が死んでる時があってドキドキです。

に対して、GABAN(ギャバン)クローブスホールは只のスパイス。
人間にとっては食用品ですがGに対しては忌避効果抜群だそうで、つまりは寄せ付けない事を期待できるんだとか!
ペットによっては刺激臭たりえるので家庭によっては神経質になる必要がありますが、我が家は今ペットを飼ってないこともあり、こっちで代替できるならしたいもの。という経緯で試し始めました。

Amazonで購入

用意するものは
GABAN クローブスホール(Amazonで800円/100gくらい)
・お茶パック(100均)

入れてみました。
これで小さめスプーンで4杯くらいですかね。
ケチって少な過ぎると香り小だし、多過ぎるとコスパ気になるしで、多分こんなもんでしょ。

中を覗くとこんな感じ。
匂いを嗅ぐと確かにちょっぴり刺激的な香りですが不快ではありません。

あとは設置すれば終わりですが
いつから設置したか忘れても良いようにラベルでも貼ります。

折角なのでP-TOUCH CUBEを使って作りました。
▼詳しくは過去ブログ参照
P-TOUCH CUBEでラベルを作って貼ってみる

うむ!
中身が飛び出さないよう軽く封の役割も果たしてくれて一石なんたらです。

・・・ということで
調子に乗って大量生産。

小分けしたパックに貼っていきました。

謎のやった感があります(笑

あとは設置ですね。


汚いな・・・
窓際や玄関や水回り且つ暗い所に置いておきました。

我が家では去年からGを見掛けてないので、今年はこの水際対策だけで事足りれば嬉しいのですが。
7月イッピから開始して1ヶ月経ちましたが、まだ遭遇はしておらず大丈夫そう。

8袋くらい作って設置しましたが、クローブスはまだ半分くらい残っているので我が家だとワンサイクル実質400円くらいですかね。
半年で取り替えると想定して1年で一袋使うくらいのペースになるのかな。

ブラックキャップが1ダース600円くらいで買えるからコスト的にはそんな変わらんか・・・
まぁ出来れば毒は使いたくないなという事で、このスリランカ産スパイスに期待したいと思います。

住み着かれている場合

既にGと遭遇したけど取り逃がしてしまっていたり、夜中に何かしら気配を感じるご家庭であれば、まずはブラックキャップですね。
一家に1ダース、激しくオススメします。

個人的にはノーベル平和賞もんだと思っています。
1年越えて1年半とか放置しておくと効果が薄くなってきて出没しだすので半年〜1年のスパンで早め交換ですかね。
これだけを定期的に入れ替えて設置しておけば問題ないのですが、冒頭の通りたまに死んでるのを見掛けたりするのすら嫌という事もありますから、出来れば一通り一掃出来た後は寄せ付けないよう舵取りしていきたいところ。

①住み着いてるやつをブラックキャップで一掃する(即日〜1,2ヶ月)
②クローブスホールで水際対策(〜半年)
③半年毎に②を繰り返す

のサイクルでしょうか。

②以降はネットの評判だけで未だ実感とまでは行ってませんが(^^;)
これで上手く回せないかと目論んでいます。

①と②の間にブラックキャップとクローブスの併用期間を設けても良いかも。