jinsメガネの耳に掛けるラバー部分がちぎれたので交換してもらった

MEGANEの先っちょ。

結論

結論から言うと無償で交換して頂けました。
最高でした。
迷わず店頭持ち込みすべしです。

故障の度合い

耳に掛ける部分.. 「先セル」とか「モダン」と呼ぶらしいですが
何しか耳の後ろに掛かるラバー部分の先っぽが千切れました。

こんな感じです。
ちなみに私の掛けているメガネはフレームのテンプルから先の部分がラバーのパーツで覆われていて、着脱可能です。

今回千切れたのはラバーのパーツの先端で、金属フレームの方は何ともなっていません。
まぁ正確にいうと千切れたというか、千切れかけてたのを発見して千切ったんですけどね。

千切れたラバー部分を指で摘んだ図
なぜこうなったのかは分かりませんが、メガネ掛けたまま横になったりとか、負荷の掛かるような事の積み重なりでこうなってしまったんだと思います。

先っぽの先っぽが少し欠けた程度なので、このままでも掛け心地が特段悪いわけではなく・・・
そして耳の後ろで髪の毛が掛かっている箇所なので目立つわけでもありません。

でもやっぱり見る度に萎えるんだろうなという気がしたので早めに直しておこうと
仕事帰りにjinsへピットイン。

あっさり無償交換

店員さんに「こんな感じで先が千切れちゃいまして〜」と言いながらメガネを見せました。
保証期間はとうに過ぎていますし、ややドキドキしながらです。

すると「新しいものと交換しますので、5分ほどお待ち頂けますか〜」とのこと!
しかも左だけで良いのに、「やや色褪せているので両方替えておきますね〜」とのこと!
う、嬉しい!

見えない目で(メガネ外しているので)店内を見て回っていると、5分も経たないうちに出来上がったのでどうぞ!と渡されました。
新品になって掛け心地バッチリ。良い仕事!

有難うございましたのお礼だけしてその場を去りました。

レンズも綺麗に拭いて頂いていて、鼻パッドやヒンジ部分のアライメント調整も最適に。
当たり前という感覚を持ってはいけませんが、普通にプロのサービスを受けたなと。
悪くない気分ですよ!

引きこもりがちな事もあり、そこまで色落ちもしていません。

▶︎過去ブログ
jinsメガネのフレームが半年経たずに色落ちしたので交換してもらった話

大切に使っていかないとなという思いを強くしたと同時に
新調するならJINSさん全然選択肢に入ってきますわとの思いも強くした次第です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました