3月 13, 2018 - 未分類, 私用    No Comments

Wskyワンタッチ折りたたみ傘を常備開始です

傘買いました。

長年使用していた折りたたみ傘が去年の暴風雨でグシャグシャに。

骨が折れ、べろんべろんになってますが、
こんなになりながらも半年ほど我慢して使用(えらい
しかし年明けた頃くらいに、とうとう雨漏りし出した所で我慢の限界を迎えました。

「折りたたみで丈夫なやつ」を探し出したわけですが、AmazonでベストセラーになってるWskyワンタッチ自動開閉折りたたみ傘を気付いたらポチっていました。

届いた状態。

開けてみました。

高級本革ケース、だそうですが普通の革って感想。
ですが、折りたたみ傘で検索すると他にも似たようなのが沢山ある中、同じ価格帯でも本革カバー付きだった事がポチる私の背中を押してくれたのも事実です。

手に取ると、
なるほど結構シッカリしてるんだな、それでいて重すぎはしない塩梅の重量感。

外側の本革カバーを脱がすと、
そこにはまた布製のカバー。

また脱がして、ようやく本体の登場。

ワンタッチでオープンします。
またワンタッチでクローズします。

おっさんも余裕で収まるサイズ。十分です。
10本骨でしっかりしてるし、ある程度の暴風にも耐えてくれそう。

説明書の日本語がアレなのはご愛嬌。
いちいちこんなん気にしてたら生きてけません。

さて、およそ3ヶ月間使用してみての感想ですが、
買って良かったな、良い買い物をしたなと心から思ってます。

売りのTeflon加工って何!?って感じですが
苦手な化学的な話は置いておいて、
とにかく撥水性、防汚性の高い加工がなされているようです。

撥水具合は3ヶ月経っても強烈で、
降った雨を弾いてくれるのは当然として、一番有り難みを感じるのはワンタッチで閉じた瞬間です。
バシュッ!っと閉じた時の勢いだけで大半の水がすっ飛んでいってくれるので、雨降る屋外から屋内に入った時に仕舞うのに手こずる事がありません。超撥水の名に恥じない働きです。

しいて不満を挙げるなら

開く際の動作が
1. ワンタッチボタン押下で傘が開く

なのに対し、
元に戻す際の動作は

1. ワンタッチボタン押下で傘面が閉じる
2. 傘のてっぺんを手で縮めてくる

で、元のコンパクトサイズに戻ります。(ひと手順多い)

銀シャリ風に「折りたたみ傘ってそういうもんやから!」とか言われたら元も子もありませんが、
この収納時の手順2には女子供からすると結構力が要るって声もチラホラあるほどで、でも裏を返せば丈夫な証とも取れるので評価の分かれる難しいところ。
実際のところ、そこまで気にはならないです。良い所がカバーしてくれて。

何ていうか、Amazonの商品説明欄がかなり買いたくなる洗練されたページになってますよね。(買っちゃいましたし!)
某Rakut◯nのアホみたいにゴチャゴチャしたレイアウトとは大違いです。
(ポイント貯まるからたまに仕方なく利用するけど!)

<おまけ>
説明書のこのオシャレなマーク。

晴れの日に反射して見えにくい時があるレー探のバイザーとしてペタリ。

サイズ合ってないし、
紙なので安っぽさ強烈です(知らんがな〜 がな〜


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!

コメントは(特に初コメントの場合は承認後の公開となる為)、公開まで時間が掛かる場合が御座います。ご了承下さい。