マグネットカースタンドのMAG STANDが良い仕事

写真多めです。

カーナビを(ケチって)搭載していない弊車において、カーナビアプリをスマホで使用する為に必須なのがスマホホルダーです。
ここ最近一年以上はEC Technologyを愛用してますが、取り付け場所が運転席側エアコンの前に固定(*)となっていて、ヒーターの季節に温風をスマホに直で浴びせる事になりつつありました。
(*)参照:Amazonレビューが大好評だったのでEC Technology スマホ車載ホルダーを購入したが

前からネットやらで色々見てて、マグネットタイプのホルダーがスタイリッシュでスマートでカッコイイしで興味があって、でもEC Technologyで満足してるし、何でもほいほい買っててどないすんねんアホかの思いを抱きつつも、ヒーターが直でスマホに当たるのは良く無いよね、と最終的には何かしらの欲に負けて、試しに買ってみることに。

こないだ、割引クーポンを何に使ってやろうかと鼻息荒くAB(オートバックス)を散策していたところ、出会ったのがコレ。

クオリティトラストジャパンのMAG STAND QS-141BKというやつです。(もっと検索しやすい/ヒットしやすい商品名にせんかい!)

いっぱい陳列されてありましたが、よ〜〜〜〜く目を凝らして見てみると、中には新品でも銀の外縁にキズありのものも沢山で、慎重にキズの付いてない輝いてるやつをチョイスしました。

買って帰って中身を散らかします。

本体と、スマホ側に付けるマグネット板と、使い捨ての脱脂シート2種が入っていました。

試しに、マグネット板を本体に近づけると、、

バチコン!!
・・・に近い音を立てて激しくくっ付きました(笑

ほう、これは早くも期待通り噂通りと感じました。

表面はオセロ柄(っていうんですか?笑)。
一定の存在感はありつつも、主張し過ぎず、主役の引き立て役な優秀なデザインだなと買ってしまって寛容度200%増し状態の私は思いました。

横からみると

映り込みが激しくて、ブログしてる人泣かせ。
ボールは硬すぎず柔らかすぎず、いや気持ち硬め(笑)ですが自在に角度調節可能な作りになってます。

眺めてばかりいても仕方ないので、貼らないことには始まらないマグネット板を意を決してマイiPhone6sに貼ります。

ケースのRingke Fusion Mirrorを外し、
直接iPhone本体に

重心的に、
というか背面のアップルマークとiPhoneのロゴの真ん中のこの位置しかない感じでここら辺に貼りました。

マグネット板には最初からキズがありました(泣
こいつは商品パッケージの外箱からじゃ見えないからわからないよ!

ケースを付けます。

ぼんやり見えてますね(笑
まぁ、全く見えないよりかはこっちのが寧ろ良いかも。目印になるし。
そして板の表面キズもケースの上からじゃ全くわからないし、許すとしますか。

さて、磁力?はどんなもんか。
逆さまに持ち上げてみます。

ビクともせず。

ちょっと強めに上下にブンブン振り回してみます。

おぉ!
やっぱりビクともしない。

ちなみに車に付ける本体裏のシールも、スマホに貼った板の方のシールも安心安定信頼の3M(スリーエム)製みたいです。

横から

うん、良いねぇ〜
ケースしてるとはいえ、銀ポンにマッチしてます。

さて、いよいよ本体の方を弊車に取り付けます。

パッケージの裏を再確認。
スマホ側は準備万端なので、あとはもう本体を内装に付けるだけですね。

どこに付けるか悩みに悩みましたが、

ここにしました。

冒頭で少し書きましたが、今回この子の購入に至った経緯の一つにエアコンを避けるという目的がありましたので、エアコン付近はもちろん却下。
MediaNavのピアノブラック部分に付ける事も考えましたが、やっぱり勇気が無かったのと、(MediaNavの)電源ボタンやらに干渉せずに付けるとなると助手席側になっちゃう事、助手席側につけた場合に万一外れちゃった時が怖いのと色々考えるともうここしかない感じでした。

くっ付ける前には

使い捨てのシートで取り付け面一体を1のwetで拭いて2のdryで拭いてから、つけました。

スマホを取り付け。

良い!

運転中の視線移動も少なめで済みます。

肝心の磁力は、取り付けてから3週間ほど経ちましたが、段差のバウンド等あってもまったく外れる気配がありません。本体にスマホを近づけるとガッチリくっ付いて、外す時は垂直に引っ剥がすのではなく、片側からヒットポイントをズラす感じで外します。もうS極とM極を剥がす時と同じ要領ですね。あN極でしたっけ。

一番心配していたナビ含むスマホへの磁力的な影響は今の所ナッシングです。

これは商品レビューには入りませんが、
若干運転席にもたれてる位置からだとフロントガラスからの日当たりで上半分が見えにくい事があるんですよね。これは完全に弊車都合で、取り付け場所一帯の傾斜とiPhone6sの縦サイズの兼ね合いからくる問題なんですけどね。もうちょい垂直に近い感じで取り付けられる場所が理想なんですが、そうなると取り付け位置は下の方にならざるを得ず、運転中の視線移動とのトレードオフって感じです。

まぁでも機能的には言うことなし。

見た目も内装にもマッチしてます。
銀メッキもMediaNavのメッキとマッチしてて、
赤メッキタイプもありましたが、弊車のこの内装とマッチするのは銀の方かなと思って買いましたが正解でした。

残る懸念は、この磁力がどのくらいもつものなのか、のみとなりました。
いつかは弱まるものでしょうし、どのくらいかなぁ

細かいことを気にしない人であれば問題ないかもしれませんが
本ポスト頭の方でも述べた通り、中には最初からキズついてるのもあるので、店頭でじっくり観察してから購入するのが良いかもしれません。
商品リンク貼っといてなんですが笑

この子に比べると、こてこてのスマホホルダーであるEC Technologyではありますが、こっちもまだ付けたままです。どっこも悪くないですし、引退させるのはまだまだ先のつもりです。ヒーターしない時はそっちにしたり気分によって併用してます。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!

コメントは(特に初コメントの場合は承認後の公開となる為)、公開まで時間が掛かる場合が御座います。ご了承下さい。