6in1です。

MacBookProを起動させて少し触ってみるの続き。

封を開ける

新しいMBPに手持ちのケーブルが繋げない!
というわけでAmazonセール時にポチったものが届きました。

以下のようなパッケージ。

開けて散らかします。

中身は本体とユーザーマニュアルのみ。

一応ユーザーマニュアルを覗いてみると

左上にTravelPouchと記載があります。
と、トラベルポーチ!? どこよ笑

謎ですが気にしないことにします。

6in1という事で
・テレビやモニターに出力したい時に使うHDMIポート
・MicroSDカード
・SDカード(TFカード)
・USBポート(最大5Gbps) x3
の計6つも挿せる仕様。
これ一本あれば十分満たされそう。

使い方もPC側USB type-Cの口に挿すだけ、と簡単です。

見た目はgood

まず見た目は良いです。
シルバーというよりチタニウムグレー。

ポートキャップも付いてました。

CEとかRoHSとか色々と安全規格に適合しているマークが付いてます。
ググってみて下さい。ふーんで終わると思います。

アルミボディの色合いがMBPのスペースグレイとマッチしてます。
純正と言われても分からないくらい、高い質感であると評価して差し上げたいですね。

重量は70gで軽くて持ち運びも全く苦にならない点は良いのですが、本体に重厚感が足りないのでケーブルを抜き挿しする際に持ってかれないよう注意必要な点も。個人的にはあまり持ち運ばない予定なので、一旦置いたらドッシリしてて欲しいという意味でもう少し重くても良かったかなという気がしています。

Bestandとの相性は

これまた色合いはバッチリでした。

しかし、Bestandに置いたMBPに挿してみると・・・

ぁああぁ〜〜ぁ〜あ〜〜
すごく中途半端な状態で片側が浮いてしまいます。

ケーブルが微妙に短いんですよ〜

下に置いて挿そうとすると
USB口まで届きません。

これは(超個人的な事情ですが)かなり残念でした。
というか買う前にちゃんと調べとけよっていう話です。。

使うなら平置きオンリー

こうするしかなさそうです。
ケーブルの長さ的にも横にちょこんと置く事しか想定してないでしょう。
ベタ置きすると高さ的にもMBP2020と丁度合っていて、ケーブルに掛かる負担も一番少なそう。

何やかんや挿してみた図も撮っておきました。
絵的に隠れちゃってますが、MicroSDが若干挿しにくいです。
ガバガバでも困るんですが、ちょっと引っ掛かる感じがあって、MicroSDカードが傷付かないかビビりながら差し込む事になります。挿すならアダプターに挿してからSDスロットへ、が安全だなこりゃ。

この後、問題なく認識できて有線でiPhoneのバックアップを行いました。

不安なところ

ボディは良いんですよ。
パッと見で悪い点は見当たらないし、普通に使えていてレビューとか見ていても決してハリボテアクセサリーではないと信じています。

ですがこのケーブルは不満、というか不安です。
強度的に大丈夫だと信じたいですが、曲がるには曲がるものの形状記憶系のケーブルにある柔軟性は全く無いですし、無茶するとコネクタ部分からミシッと逝ってしまいそうな気がしなくもないです。使用時には負荷が掛からないよう気を使わざるを得ないです。

あと、Type-Cの向きが本体寝かせた際に平行にならないです。
机の上に置いて普通に挿さそうとしても口が机と平行に取り付けられていないので、僅かながらケーブルを捻って挿し込むことになります。

これは大不満。取り付けの時に考えられてないのかな。
もしくは個体差あるのかもです。ハズレが来た可能性も。

という細かい不満不安抱えつつも、
総評するなら今の所は”USB接続するんだ”という大目的が果たせて、おnewのMBPに付けるに値する便利なオシャレアクセサリーを手に入れる事が出来た、と一定の満足感は得ることが出来ています。

 

 

今のところ一番お安いのはAamazon

あとは耐久性です。
これにつきます。

直ぐ壊れたらそれこそ事務所総出ですね。笑

これ1つでOKというアクセサリーですし、長持ちしてくれればなぁと思います。