MG-PREMIUMのメンテナンスシャンプーでプラチナクォーツを洗車

割と良いかも!?

MGシリーズのメンテナンスシャンプー

うちのCX-30にはマツダ純正ボディコーティングのMG-PREMIUMを施してあります。これにはメンテナンスキットが付属しており納車時に頂いたわけですが、未使用なままでした。このまま置いておくのも勿体ないし、半年経ってそろそろガンガン使っていこうかと思い立ちまして。まずはシャンプーから使ってみることにしました。

小さいキャップは使いにくい

使用するシャンプーの量は1ℓの水に対してキャップ2杯(約15mlらしい)。希釈率は66.666…倍。うちのバケツは8ℓのオムニウッティですので、キャップ16杯使用。

キャップ8杯分(約60ml)を入れて、泡立て開始。
(※注)書いてて気付きましたがバケツを何故か4ℓと勘違いしてキャップ8杯分しか入れませんでした。以降、本投稿では”泡立ちがイマイチ”という内容になってますが目安の半分しか消費してなかった事も大きな要因かと思われます。

まずまず泡立ちましたが、いつものシュアラスターのカーシャンプー1000と比べると少しシャバシャバというかサラサラ寄りかもという感想です。(※まぁ希釈率間違えてますからね

付属のスポンジをシュアラスターと比較

入ってたスポンジをいつも使っているこれまたシュアラスターの洗車スポンジと比較。

左はシュアラスター

左:シュアラスター ウォッシングスポンジ 2層タイプ(以下シュアちゃん)
右:MG-PREMIUM付属の洗車スポンジ(以下MGちゃん)

MGちゃんも少し控え目ですが握りやすくの配慮が見え隠れするかのような中央付近の凹みアリ。ですが、比較するとやっぱりシュアちゃんの”くびれ”具合の方が握りやすいです。加えて裏のゴム面でしつこい汚れをサッと取る分にも使いやすく機能面ではシュアちゃんに軍配が上がります。とはいえ、MGちゃんのスポンジふわふわ具合もまずまずで、柔らかくて傷が入りにくそうな・・・はっきり言ってそんなに悪くないスポンジという印象。表面積的にはMGちゃんが勝っています。

断面。

横から厚みを見ると↑の写真以上にシュアちゃんが厚かった気がします。あとスポンジ表面の凸凹も数年使用しているシュアちゃんの方があって、うーんMGも悪くはないがそれでもお古のシュアちゃんを差し置いてまで使用したいとまでは思わず。ホイール専用スポンジにしようかな(悩み中

メンテナンスシャンプーで洗ってみる

今回は取り敢えず使い慣れたシュアちゃんスポンジで洗いました。スポンジはいつもと同じもので、純粋にMGメンテナンスシャンプーの効果を見ることにしようかなと。(※ま、希釈率間違えてますけどね

泡立ちが弱い

バケツの中では十分に泡立った気がしたのですが、洗っていくうちにそうでもなくなってきました。。スポンジに取った時は泡が付いてるけど、ボディに付けるやいなや直ぐ落ちるというか残らないというか。(しつこいようですが希釈率間違えてます

シャンプーが下へ落ちていくスピードが早い

そんなに泡々させたい願望が強いわけでもないですが、泡の維持という観点ではやや控え目なシャンプーという印象。泡が引いていくお陰か窓の油膜に気付けましたよ。この後、久しぶりに「キイロビンで油膜取り」+「ハイブリッドストロングαで撥水加工」の王道コースもやりました。

んあ?いいかも

しかしながら水で濯ぐとサーっと泡残り少なく流れていき、水切れ・泡切れは良さそうでした。そして触ってみると結構つるつる。いつものシュアシャンプー後よりもつるつる感は上。はっきりと洗浄力は高いと言えます。汚れがしっかり落ちている感じがしました。

拭き取り後、やっぱり良いシャンプーかも

拭き取りクロスも付属していますが、それ使うか少し悩みつつ今回は置いておき、やっぱりアグアミライのフチなしクロスで拭き上げました。タオルを引くようにして水を拭き取ると、シャンプー残りも殆んど見当たらず、水切れ良さげ。この点もシュアシャンプーと同等かやや優れている感じ。

艶、現る。

すると、タイミングよく曇り空に日が差してきたというのもあるでしょうが、トロンとした艶があらわに!

iPhoneカメラのフレアが邪魔

なるほど洗車前の汚れはすっかり落ちて、プラチナボディの輝きと艶が蘇った感がありました。

さすが専用シャンプーなだけあって、MG-PREMIUMとベストマッチなのかも知れない。専用品なので当たり前と言えば当たり前かもですが、しっかり汚れを落としてコーティング本来の性能を際立たせてくれる結果に。洗車後ハイで自己満からくる肯定バイアスは多少掛かってしまっているかも知れませんが、まぁ満足。いずれにせよ間違いないシャンプーだったかなと!

MGシャンプー レビュー/インプレ

まとめると

泡立ち洗浄力泡切れ
シュアラスター
MG
あくまでいち洗車素人のイメージ

シュアラスターはコーティング施工車対応の中性シャンプーで汎用性高くバランスが良い反面、何かに特化している感は薄いような気もしないでもないです。(というかそういう商品)

MGメンテナンスシャンプーの方は成分にエタノール・界面活性剤と記載ありますが、きっちり汚れを落としてくれて洗浄力は高かった感じは確かにありました。

普通に売ってんのかぃ!

難点はボトル1本の用量がたったの270ml。キャップ約36杯分ですか。推奨の希釈率そのまま使ってたら洗車3回で使い切ってしまいますがな。。↑にあるような市販価格で購入すると3000円近いのでコスパは良くはない。シュアラスターのカーシャンプー1000は1000ml入ってて700円とか。且つ希釈率もシュアの方が高く1回の洗車で使う量も少ないのでコスパは全然シュアに軍配。そう考えると、逆説的ですがメンテナンスシャンプーはやっぱり高価で良いブツと捉えて良いのか!?

今回、希釈を思いっきり間違えて半分の濃度でやってしまった為に泡立ちは少な目でしたが、個人的にはもう別にこれで良いかなという気がしてきました。何せ半分でも汚れ落としはもう十分満足いくレベルでしたし、ここから泡立ちが多少良くなろうが倍の量を消費していくのは勿体無いというか無駄に近いです。洗車間隔が結構空いてしまったり、今日は汚れがひどいな〜という時が来た際には推奨量をしっかり使って洗ってみてどんなもんか見てみたい気持ちはあります。まぁその時にメンテナンスシャンプーが残っていればですが・・・(^_^;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました