道具変更が先か意欲向上が先か、ニワトリが先か卵が先か。

2019年モデルのコードレス掃除機

前から欲しかったコードレス掃除機。
dysonと迷いましたが買ったのはシ○ープの

RactiveAir(ラクティブエア)というやつです。

ピンクが眩しいEC-SR3S型。
遠心分離サイクロンでハイパワー。

見た目良し

そしてこのアルミボディです。
掃除機なので性能第一ではありますが、あくまで使うのは人間なわけで、こちらに訴えかけてくるような手に取りたくなるような見た目である事も大事。これは質感が素晴らしく、そういった点も満たしてくれる存在かと、後付けですが考えています。

機能良し

ヘッドの表裏はこんな感じです。
申し訳ありませんが、この形状が掃除機の世界で偏差値ナンボかは分かりません。分かる人には分かる形状なのでしょう。

いざ掃除機を掛けるとハイパワーを謳うだけあってスイスイ前進していく推進力を感じられます。自走アシスト機能というのが付いてるようで、もともと女性でも苦にならない軽量ボディではありますが、それ以上に負担なく楽に掃除機を掛けられます。

ゴミ捨て、フィルター掃除も面倒臭くない作りになっているので助かります。

購入に至ったポイントの1つに
バッテリーが取り外し充電できるタイプである事が挙げられます。

コンセントに挿すのは充電台のみ。

本体スタンドも付いてて
至れり尽くせり。

全体像からしてコンパクトというと嘘つきになりますが、
場所は取らないのでOKです。
そして佇まいがナイス。(非常に重要)

「あっ汚いから掃除しよ」と思った時にヒョイと手に取って掛けられる手軽さにこんなに有難みを感じる事になるだなんて云々カンヌん・・・
掃除機を出してきて仕舞うのが億劫だった”あの頃”には考えられない程。
積極的に「掃除機掛けよ」と思わせてくれる存在である事が、何より掃除機に求められる事なのではないかと気付かせてくれた気がします。

とにかく使い易く、
また見た目が宜しいので
掃除意欲も掻き立てられるってもんです。

文句

音。
静かな方だとは思いますが、強にするとまぁまぁうるさくなります。
使ってて不満に感じるのは今の所それくらい。

あと値段。
やや高いです。もうちょい安くならないかと。
買って損したと思う事は無いと思いますけど、4万は少しハードル高く感じる値段です。

おまけ

ヘッドを角にぶつけたりしてピンクが禿げたら嫌だと思ったので

・Before

・After

スエードを貼って保護!
だいぶん前に買って車に貼ってたやつの余りです(^^;)

まだまだ余ってるので、汚くなったら張り替え予定です。