ルーテシアの擦り傷にタッチペン

応急処置です。

バック車庫入れギリギリチャレンジに失敗し、リアタイヤ上のボディに擦り傷を付けてしまいました。

傷は広範囲ではないですが、二面に渡っており、鈑金はちょっと高くつくかなと想像しながら、修理のお見積りへ。

オ○ト○ッ○スで見て頂いたところ、諸々で¥8マーン (T_T)

擦れた所だけ塗るというのがルーテシアの特殊な塗装上、不可能だそうです。まぁ、良い赤色してますからね、うちのルーテシア。

一旦周辺剥がして再施工になるみたいで、その分高くつくのは止むなしだそうです。

Dでもお見積り。
なんと¥15マーン (T_T)

やはり部分塗装など不可能との事。何層にも重ねられたルーテシアのボディ塗装は部分的に塗るような事するとプロでも不自然な境目が出来てしまうらしいです。一旦周辺剥がして〜〜はABさんで言われたのと同じ。ルーテシアの場合、特に赤と黄は色的に特別みたい…

にしても価格差…

傷の程度と修理費のバランスがアレで、もう少しガリッといってれば諦めも付くのですが、ちょい傷ですし、うーん今回は我慢しようかなとも思ってたところ、タッチペンをご提案頂きました。

応急処置でパッと見を目立たなくする方法です。お値段も¥2セーン。

取り寄せとなったタッチペンは、ベースとカラクリの2種類。ベース(金色?黄土色?)を先に塗ってから少し乾いたところでカラクリ(ピンク色?)を塗っていきます。
最初から混ぜて塗ってしまっても良いらしいです。

塗りました。
近くで見ると如何にも塗りました感があるものの、遠くから見る分には全く目立たなくなりました。言われないと分からないという感じです。塗り方とかコツあるのかなぁ?

満足とまではいきませんが、メンタル少し回復。
重ね塗りすると尚良いようですので、また機を見て塗りたい、より自然な感じに仕上がるよう頑張ります。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!

コメントは(特に初コメントの場合は承認後の公開となる為)、公開まで時間が掛かる場合が御座います。ご了承下さい。