サイズは全長4305×全幅1770×全高1550mm。

来年やってくる3回目の車検を控え、次車を本格検討中です。

暫くネットで記事を見たり動画を見たりで探してみましたが、自分で乗らなわからんなぁという事で幾つか試乗に行ってみる事にしました。

車のタイプとして一番好きなのはセダンです。が、欲しいモノといえば基本高いものばかり。甲斐性ナシなので一旦保留ですよ。
となると現在のライフスタイル的に候補となってくるのは以下3種類。
・SUVタイプ
・ワゴンタイプ
・ハッチバックタイプ

まずはSUVタイプ。
それもガツガツアウトドア派ではないので流行りのシティユースのSUVです。
最近気になっていたプジョー新型2008を試乗しに行ってきました。

いざ試乗へ

11/14-11/23の期間にプジョーエボリューションフェアというのが開催中で、
申し込んでから行ったので折り畳み傘を頂きました。

パンフレットちょっと見て直ぐに試乗へ。
乗ってみたグレードはガソリンのGT Lineです。

ライオンヘッドライトがCoolなフロントが格好良いのは勿論、リアもなかなかです。
ちょっとアメ車っぽいかも。(勝手なイメージです)

それらしく積載性チェック

折角Bセグコンパクトから乗り換えるので、ちょっとしたストレス要因であった荷物載るかどうかは重視したい点です。
1つの判断基準としてゴルフバッグが後席を倒さなくても入るかどうか。

入らず・・・
横向きはもちろん、斜めにしてもどないやっても入らん。
ドライバーを抜けば入ると思いますとアドバイス頂きましたが、それならルーテシアも同じです。
後席を倒せば間違いなく入りますが、それならどんな車も同じです。

で、この時に気付きました。
2008ってBセグ208がベースだったと!!
つまりルノーのルーテシアから見たキャプチャー、BセグSUV、コンパクトSUVです。そら入らなくても仕方ないか。。
そんな事くらい分かっとけよという話です(アホです)。

いざ乗り込む

内装は・・・
めちゃ良かったです。

見た目も触感もまぁ良いなと感じました。
期待度高かったですが、期待通りかそれよりちょっと超えてこられたくらいの感じ。
質感が全体的に高く、特にコックピット感が強いというか、センターディスプレイもちょっとドライバーの方を向いてたり、スイッチ類がトグル系の押したくなる造形で美しかったのが印象的で、毎日や休日が楽しくなる車といっても過言ではないかも。

新型ルーテシアも試乗しましたが(次の次にブログ予定)、内装比較だけならプジョー圧勝..は言い過ぎだとしても、随分違うなぁと思いました。208と比較しないといけないかもですが。

走ってみて

走り出してまず驚いたのがステアリングの軽さ。
そして、ウインカー音の可愛さ。
ポクポクポク・・・っていう木魚を叩く音でかわいいというか癒されるというか独特でした。

走り自体も良かったです。
軽やか且つしなやかで、これがプジョーならではなのか、歴代プジョー比で固めであってもこのレベルのしなやかさなのか、初心者なので分かってませんが、乗り心地が非常に非常に良かった事は確かです。

加速も低回転からのトルクで気持ち良くしましたが、その分頭打ちも早く来そうな感じはなんとなく。でももっさりしているとかは一切感じなかったし、十分でした。このレベルに何か文句言えるほどクルマ玄人ぶるには自分は10年早いです。

何よりステアリングの軽さと相まって運転がしやすいなと強く感じました。(重要ポイント)

デジタルメーターの視認性も良好。
スピードメーターの3D表示に最初戸惑いましたが、直ぐ慣れました。

パノラミックサンルーフはオプションですが有るのと無いのとでは開放感が違うので、より非日常感を求めるなら必須ですね。
そのうち使わなくなるかもですが、「あるけど使わない」と「ないから使えない」の違いが分かった気になりました。

ドキドキ見積もり

終始、好印象のまま試乗終了。
欲しいです。くれるなら貰います。

サンルーフ込み、あとはガラスコーティングとか割と標準的なオプションだけ付けて
お見積もりはざっくり400マン。

・・・あ、はい。
行く前の想像からそんなに違わないですが、何故か目が醒めました(笑)

表現が難しいですが、高いというよりも贅沢だなと。
当初抱いていたBセグSUVの1.2リッター130馬力に400マンは単純に高ない?という先入観は無くなりはしないけど薄まりました。
先進技術がとても充実していますし、デザイン良いところに運転しやすさも判明して、好きか嫌いかでいうと間違いなく好き。そこは乗って体感してみて納得です。
買った人からすると多分「決して高くはなかった」という評価なんだと想像します。

ただ自分が実際に日常で使う事を想定した場合に、使い勝手/広さの面で若干我慢は強いられそうなのと、シートはいささか窮屈でした。スポーティな車ではない筈だけど窮屈。ひと括りにコスパの高い低いで語れるものでもない気がするけど、コンパクトなボディサイズの割に贅沢よりに感じずにいられないというか。スタイリッシュSUVな外観以上に中身もスタイリッシュ過ぎたとでもいうか。ちょっとした高級車ですよコレは。

といった点も踏まえて冷静に考えると、無理して頑張って買う車かというと自分にとっては違うかなと。
400は今回考えていた予算上限ギリギリでしたが、そのギリギリ出してこれ選ぶのは贅沢以外の何ものでもないなと。
嫁さんからの「やめとけ」の助言もあり、これを指名買い出来るほどワシは大した人間じゃないわいという順逆自在の発想に至ったので、良いなぁと思いつつも今回はパスですかね〜。長々と言い訳すみません(笑)。

きっと余裕のある人がオシャレさんが乗りこなすくらいが似合っているので、これから街中で見かけたら何かしら成功している人なんだな!という目で見ると思います。違ったらごめんなさい(笑)

208も置いてありましたが、この黄色カッコ良い。。
乗ってないけど絶対良いです。

おまけ

いただいた傘をチェック。

ワンタッチ開閉ボタン付きです。

おぉ!
ライオンマークが可愛いしオシャレです。
これは良いものを頂きました。大事に使います。

次は..
目が覚めてちょっとワゴンタイプの堅実な車を試乗に行ってきました。