7月 13, 2019 - 未分類    No Comments

ケーブル内蔵のRisukaiモバイルバッテリーがなかなかの満足度です

おもてた以上。

前に買ったPISENはまだ健在なのですが、人に奪われ気味で自分の手元にない事が多く、別途モバイルバッテリーを購入しました。
▼過去ブログ
見た目で選んだPISENモバイルバッテリー

PISENも非常に満足しています。何より色が良いですし、容量も十分。未使用時の放電ペースが若干気になるかな?というのがありますが、これが普通と言われればそれで納得できます。1年経って合格点あげても良いでしょう。ただ、使ってて一番面倒に感じる事が多い点が、ケーブルを別途用意しないといけないところ。持ち運ぶにしても常にケーブルも一緒に携帯しないといけません。出掛ける際にケーブルだけ忘れる事もあるわけで、この点とにかく煩わしくなってました。ここは盲点でした。いざという時、極端な話、災害時に手元にバッテリーだけというシチュエーションに出くわした場合、折角なのにケーブルが無ければ使えないわけです。

という事で、次に買うモバイルバッテリーに求める条件は
・ケーブル内蔵型であること
・コンパクトであること
・見た目がチープ過ぎないこと

20000〜30000mAh以上の大容量バッテリーやソーラー充電可能なものも正直良いなと思いますが、コンパクトさやコスパ面との両立は厳しそうな感じ。今回はパスして、とにかくケーブル内蔵が第一条件です。

で、●akutenで良さそうに見えたのでポチしたのが

Risukaiモバイルバッテリーです。
箱を開けた段階で残量%表示が点いており、最初はん?と思いましたが、実は本体を振るだけで点灯する仕様のようです。ちょっとしたら消えました。ケーブル挿して充電開始しなくても今何パーかな?というのが直ぐ分かるのは地味に便利です。

ハンディーです。
コンパクトさ合格です。

銀メッキのディテールも悪くありません。
高級感とまでは言いませんが、はっきり言って悪くありません。

求めていたケーブル内蔵です。
前面から見て左側がiPhoneユーザである私がよく使うであろうライトニングケーブルです。

右側にはマイクロUSBケーブルです。

Type-C変換ケーブルも付属しており、マイクロUSBに挿して延長すれば最近のAndroidスマホもバッチリです。ただ、Type-C使いの方からすると毎回変換ケーブル付けるのは面倒でしょうね。このまま収納できないし、そのうち失くしそうで、そういう意味ではおまけ程度に考えていた方が良さそうです。Type-Cのスマホがメインのユーザにはちょっと お勧めしにくいです。

iPhone5sを挿すと充電がちゃんと始まりました。ケーブル内蔵最高です。

もちろん自前のケーブルを挿しても充電できます。
内蔵ケーブルが万一逝ってしまった場合も大丈夫(?)

という事で、唯一気になるのはやはり内蔵ケーブルの強度です。
中がどうなっているのか分かりませんが、根元を見る限りは無理に引っ張ったりしないよう気を付けようと思いました。

ケーブルの収納のしやすさ。
取り出しやすく、収納もしやすいです。
意外と大事なポイントだと思います。
他の内蔵型モバイルバッテリーのレビューなんか見てると、取り出しにくい!とか収納しにくい!とか散見されたので、ちょっと心配してましたが、こいつは良い塩梅です。

中をアップしても分かりにくいですが、すっぽり入ります。
程よく固く、キュッと入るのでポロンと抜けていたりという事が未だありません。

裏面にはスペック表記があります。
入出力ともに充電速度も普通というか、普段使いで特に文句なしです。

ここまで書いてきて良い事ずくめのような書き方になってますが、オーバーではなく良い買い物したと自画自賛気味です。

そして本当に良いなと思ったので、勢いで●akutenで購入後レビューを正直にちょこっと書いたら、お礼として小物が送られてきました(やった〜

今回購入したモバイルバッテリーのどこに付けるのかなと戸惑いましたが、どうやっても付ける事は出来ず笑
逝きやすいと悪評高い純正ライトニングケーブルの端子側を補強するパーツ?のようです。

自前のやつに付けてみました。
上がビフォー。

アフター。
ダサいですね笑
でも補強されてる感あるので、良かったです。
何より気持ちが嬉しいです。

今のところ不満なし!星5つです!

不満はないが、前述の通り内蔵ケーブルの強度に不安はあります。
写真のように挿したまま机などに置いてという使用が良いんじゃないかと思います。じゃあモバイルバッテリーとしてどうなのっていう気もしなくもないか・・・。とにかく挿したままカバンの中にぐちゃぐちゃ入れとく、という使い方は余程必要に迫られない限りは個人的にはしないでおこうと思います。

あとは、容量8000mAhをどう捉えるかですね。
最近の大容量トレンドからすると、この数字は微妙なとこです。
とはいえ、メイン機であるiPhone6sを4回フル充電してお釣りが来るので、コンパクトさとのトレードオフと思えば十分だなと思っています。

値段が4000円近いので安さを感じる事はないですが、1000円くらいの売れ筋と比べる気にはならないクオリティである事は間違いないです。

購入後1ヶ月経ちましたので、購入直後特有の自分を肯定したいバイアスも掛かり終えてます。それでもこれは良かったんじゃないかなと。うーん、でも星5は褒め過ぎなので、やっぱり星4.9で。

もし充電できなくなった、とか発生すれば鼻息荒く追記なり追加ブログするなりの用意はあります笑

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!

コメントは(特に初コメントの場合は承認後の公開となる為)、公開まで時間が掛かる場合が御座います。ご了承下さい。