3月 24, 2019 - クルマ関連    No Comments

自動車博物館で癒されルノー

想像通り、いや想像以上によかったです。

年始に金沢方面へ旅行に行ってきました。
色々回ってそれはそれは楽しかったです。
雪の季節でしたので、スタッドレスレスなルーテシアではなくサンダーバードでの旅でしたが・・。

それはそうと旅行最終日に旅の締めに、と自動車博物館に寄ってきました。

本当にたくさんの色々なクルマが所狭しと展示されていて見応え十分でした。

まさかのマッカーサーのアレ。

ダイアナのアレ。

ローマのアレ。

ルパンのアレ。

ただクルマが置いてあるだけではなく、横に説明書きがあるので、初心者でもふむふむなるほどと楽しめるんですよね。

隅の方で寂しそうに佇んでいたエスカルゴ。
かなり破壊力のある可愛さだと思います。
個人的に国産の中で一番イメージの良くないメーカー産だったのが意外でした。

わかる人にはわかるであろう寄せ書きクルマもありました。

このベンツは足を止めて写真を撮りなくなる格好良さがありました!

これは何て言ったか忘れましたが、最近のクルマにはない雰囲気がすてきでしたね!

ここにしかないクルマも。
こうして並べてみると、丸目のクルマが結構好きなだけなのかも。。

外に置いてあった強そうなベンツも良かったですね。

まぁでも数ある中でMVPはというと、

ルノーサフランですかね!
シンプルでいてこの達観したような顔つきが素晴らしいです。

館長の最後の愛車だったそうで、特別展示されてましたし。
乗り心地抜群だったそうで、乗ってみたい運転してみたいなぁと思いましたが、ウィキペディアによると98年生産終了。。。

入館時、霜降りじゃない方の粗品にハンドタオルを頂けました。

大事に使おうと思います。

周遊バスが来るまでの1時間ちょっと満喫しました。
旧いクルマ、味わい深いクルマばかりであったことが逆に新鮮でした。
悔いは博物館バックにルーテっしゃの写真を撮れなかったことか。

お近くに立ち寄りの際には勿論、主目的地としても良いようなクオリティで満足できること間違いなしスポットだなという感想でした。

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!

コメントは(特に初コメントの場合は承認後の公開となる為)、公開まで時間が掛かる場合が御座います。ご了承下さい。