前編です。

今年のGWは、ずーっと家でした。

何をしてたのか思い出せませんが、
取り敢えず毎日1つは、多い日は3つくらい映画を観てました。

主に、AmazonプライムやらHulu無料体験やらのサブスクでですね。

という事で折角だし覚えているうちに
アウトプット(こう書くと自己啓発っぽくてアレなのでやめて)感想をブログに残しておこうと思い立ちました。

数が多くて長くなってしまうので
全てではなくある程度絞って、ひと言感想でサクサク書いていきます。
映画の年代も見た順も順不同のバラバラです。

コンテイジョン

【点数】4.0くらい
★★★★☆

丁度なうな映画。
知りませんでしたが、話題になってたし観ちゃいました。
出てる俳優陣が超豪華。の割には勿体無い使われ方で、映画として観たときにはもう少し何とかならんかったかなぁと。
公開当時に観てたら3.0くらいの点数ですが、今観たら嫌が応にも評価高くなってしまいます。
ニュースなどを見るよりもよっぽど真に迫っていて、今まさにリアルを知るには素晴らしい映画だなと思います。
一種のショック療法的に、学校のオンライン授業ででもドキュメンタリーとして流して子供の教材とすべきです。

ルーキー・ハウス・ガール

【点数】3.6くらい
★★★★☆

まずまず楽しめました。
ヒロインの可愛らしさよりも金持ち長男の原立つ顔立ちに持って行かれた感あります。
そんな上手いこと行くかいなという万人ウケしそうな展開で、最後はハッピーエンドで良かったと思います。

パトリオット・デイ

【点数】4.0くらい
★★★★☆

ボストンマラソンの実話に基づいての映画なので面白かったと言う表現はできないですが、かなり見入ってしまいました。
マーク・ウォールバーグがアクションを全然してくれませんが、熱演ぶりは凄かったです。
結局アメリカ万歳で自分達は団結しような展開で終わったように見えなくもないです。
テロ側の主張もきっちり描写されていて、どう捉えるかという点は考えさせられますが
犯人は普通にクズなようにしか見えなかったので。。
実話題材で実話の実のところを結局知らないのでね。

ダーティ・グランパ

【点数】3.3くらい
★★★☆☆

ばーさんが死んでデニーロがはしゃいでますが、ザックエフロンが霞んでしまう程のはしゃぎっぷり。
ちょっとアレですね。下の連続で引くかもですね。実際ジジイがこんなに下ネタ言うかいなという点が疑問ですが、そこら辺込み込みで突き抜けてる様を楽しむ映画だと思います。
地上波は無理そうなので観てない方は死ぬほど暇な時にでも是非どうぞ。

ワイルド・スピード/スーパーコンボ

【点数】4.0くらい
★★★★☆

面白かったです。面白かったですが、長い。途中寝落ちして、巻き戻し再生しました。
ステイサムは大好きだし、ロックも好きですが、ちょっとお腹いっぱいな状態が長く続くので観ててワクワクというよりも疲れます。
ワイルドスピードが超絶アクション映画になって久しいですが、何でもかんでもブチ込み過ぎです。

スラムドッグ$ミリオネア

【点数】4.4くらい
★★★★☆

日本でやってたみのもんたのファイナルアンサーのパロディ的なノリの映画なのかなと思って観てしまいましたが、とんでもない。
インドのエグいリアルを描いた話でノメり込んで観てしまい、兄弟の生き様に感動してしまいました。もっと早くに観ておくべき映画でした。
それはそうとエンディングで踊らないと気が済まないのは国民性でしょうか。

マラヴィータ

【点数】3.7くらい
★★★★☆

まぁまぁ面白かったですが、序盤退屈過ぎたし、もうちょい盛り上がりも欲しかったかなぁ。
全体的に殺し方が雑。トミー・リー・ジョーンズの皺が凄い気になりました。
元マフィアのデニーロ一家が名前を変えながら転々とする話ですが、タイトルが唯一名前を変える必要のない犬の名前という所はオシャレですね。

シャッター アイランド

【点数】3.5くらい
★★★★☆

面白かったかなとは思いますよ。
が、色々と難しい。
観てる最中、含みを持たせたどちらとも受け取れるような表現が自分の中で解釈不十分なまま進んで行って翻弄されてる感があって、腹立ちました。
途中から頭がウワーっとなる映画でした。後からネットの解説サイトとかを見ながら額面通りで良いのかと呑み込みましたが。観終った後の後味も考えてよ!という想いで一杯です。

ドリームハウス

【点数】3.8くらい
★★★★☆

図らずも私はこの映画を「シャッター アイランド」の次に観てしまいました。本当に偶然。
おいおいまた記憶喪失もんかよ〜やめてよ〜、となりましたが、こっちは分かりやすく諸々が回収されていって実はこういう裏があってこいつが犯人でしたとハッキリ答えを提示してくれた分、観やすくて良かったです。
亡霊とあれこれするダニエルクレイグが虚しく映りつつも、そうなるよなと頭で理解しようとなって、そう言う意味で見入ってしまったのかも。
あと、レイチェルワイズをハムナプトラ以来くらいに見ましたが、こんな綺麗な人やったっけ。

96時間

【点数】4.6くらい
★★★★★

最高です。
観るのは3回目くらいでしたが、最高です。
テンポ良く話が進んで1時間半でサクッと綺麗に終わるのも良いです。
スペシャリスト感を押し出して観るものを唸らせる点ではボーンシリーズに通ずる所も少しあるかなと思いますが、怒りのオヤジと言う要素が加わってますからね。かなり胸スカ。
リーアムニーソンは渋格好良いです。こんな還暦になりたいですが無理です。

96時間 リベンジ

【点数】4.2くらい
★★★★☆

96時間のパート2。
誘拐されてから相手の拷問がヌルいです。
過激派による過激ではない程度の拷問。突っ込みドコロな反面、安心して観れる点は良いですけど。
遠隔で娘に手榴弾投げさせて爆発音届くまでの時間から距離測るとか最高のリモートワークですよね。
かなり面白いし、やっぱりリーアムニーソン格好いいですし大好きなので高評価です。

96時間 レクイエム

【点数】4.1くらい
★★★★☆

96時間のパート3。
楽しかったです。ピンチになっても安心感のあるリーアムニーソン。
セガールほど無敵過ぎないのも良いですかね。でもあんまりやられると失礼ながらご老体が心配になります。
1&2とは繋がりのない別の話ですし、シリーズラスト作?な為か、二転三転する張り切った展開は良かったですが、緊迫感はちょい欠けたかなと。
十分面白かったですけどね。

..後半戦へと続く