iPhoneにiPadにAirPodsにOsmoActionに社用スマホに幾つかのモバイルバッテリーに..と
我が家にはUSB充電しないといけないものが沢山。
さらにこいつら端子がUSB-CだったりライトニングだったりMicroUSBだったり異なっているもんで、えらい時代です。

コンセントに挿している先のケーブルを入れ替えて、というのは本当に面倒。
というわけで、口が幾つか付いているUSB充電器を探して行き着いたのが表記のAnkerPowePort5です。

安心安全信頼のAnkerクオリティに期待しながらの開封。

箱から本体出してみて使ってもない時点で
こみ上げてくる「よろしい!」の感想を抑えきれないワシ。

開けて散らかします。
本体の他に、コンセントに挿す電源コードと固定する為の3Mの両面テープ(シェア何パーやねん!)、そしてUSBケーブルやイヤホンケーブルを束ねるのに使えるコードクリップ(黒いの)まで!

本体は非常にコンパクトです。
ホワイトでシンプルそして清潔感もあり!

USBポートはその名の通り5つ付いてます。
IQはPowerIQのことで

PowerIQとは?
Anker独自技術のPowerIQ™テクノロジーによって、各USBポートは接続された機器を自動的に検知し、その機器に適した最大のスピードで急速充電を行うことが可能です。

らしい。

ちなみに電源コードにはキャップも付いてました。
知らぬ間に失くすと思いますが、嬉しいじゃないですか。

購入して4ヶ月くらい経ちますが、
USBケーブルは挿しっぱです。
今のところ特に何の異常もなし。

仕様はご覧の通り。
1ポートあたり最大2.4A、計最大8Aの出力です。

弱点はなんでしょう。
あるんですかね。

充電速度は普通に早いです。
それに加え、入力がMicroUSBであるPISENモバイルバッテリーなんかは、PCとかコンセントに挿ししていると充電出来てない時があるんですが、このPowerPort5に挿すともれなく100%まで充電されているので、安定供給してくれて賢いんだなと感じたり。挿したケーブルがかさ張るのは致し方ないとして、こいつ自体はそんなにスペースも取らないし、本当に優秀だなと思います。

あとは何年くらいもってくれるかだけですね。
そこは安心のAnkerなので大丈夫とは思いますが、万一すぐ壊れたら怒りのブログを投稿します。