米ではlolなのでしょうか。

iPhoneSE 2020 ケース探しの旅へ

前回書いたように新しいiPhoneSEを買いまして、まだ手元には届いてませんがボチボチ保護ケースの準備・検討をしているところです。

iPhone8との比較で本体サイズは同じであり、ケース選びに苦慮する事は無い筈でした。

しかし背面マークが真ん中に移動となっている事実は想像以上に事を難しくしています。
クリアケースであればそのままiPhone8ケースを探せば問題ないでしょう。
問題は背面上側にわざわざマークを見せる設計としているケース。

例えば以下のようなタイプのケースです。

▼関連
金ぽん5sのメインケースをTOUGH ARMORシャンパンゴールドに変更!

こういったケースのケースに関してはもろに影響を受けている事が予想されます。
iPhone8とサイズが同じだからと新iPhoneSEをそのまま装着すればマークがズレて悲しいことになりますからね。
勿論使えないことはないですが、折角の拘りが裏目でしぬほどダサい事になります。

iPhoneSE 2020 ケース販売界隈では…

で、このタイプのケースを売っているページでは「iPhone8モデルのケースは新SEでは使えません!」とアナウンスしてくれている親切なショップもあるのですが、残念な事に同じデザインのままタイトルを「iPhoneSE 2020対応」とか付けてガンガン売っているショップが散見されます。
iPhoneSE2ケース販売の闇というと大袈裟かもですが、そういうショップは本当に終わっているので避けた方が良いですね。

兎に角、気に入ったブランドでそういったデザインしているものに関しては専用新設計のモデルが出てくるまで待つしか無いです。
いやでも本当に迷惑なクソデザイン変更だと思います。顔とも言えるマークの配置を変えるとかジョブズが聞いたら怒るで。(知らんけど)

そしてそして!
SNSで知ってしまいましたが、ここで更に追い討ちを掛けるかのような「iPhone8専用強化ガラスがそのまま使えない」件。
 

液晶表面端っこのカーブが異なるとかでiPhone8キッチリサイズのガラス保護フィルムは端っこが浮いてしまうんだとか・・・。

ケース探しをしていると、中には親切なことに画面保護ガラスフィルムをセットでプレゼント!なんてショップも幾つか見掛けるんですよね。
例えば

これは背面クリアなタイプ。
ケース自体はRingke(私が6s用で何度も買っているミラータイプのケースもRingke)のもので悪く無いやつだろうなと想像付くのですが、レビューで星★1が付いちゃってます。
理由は”プレゼントのガラスフィルムの端っこが浮く”。これはまさにiPhone8のガラスケースをまんまセットにしているパターンでは・・・。
本来、商品の評価とは無縁であるべきプレゼントに対する評価でその商品に星★1付けちゃう側の神経も相当アレだなと一瞬思いましたが、フィルム代も乗っかっての代金だとするとまぁ気持ちは分かります。
このショップが親切心で付けたプレゼントの表現だったのか確信犯だったのか分かりかねますが、完全に裏目という地獄絵図。(知らんけど)

ガラスフィルムに関しては”iPhone8キッチリサイズでは不都合が出る”という情報がもっと周知されてくる時期まで、タイミング的に慎重になる姿勢が必要なのかも知れません。

私のiPhoneケース必要要件

私の場合は
・背面マークを隠さないこと
を第1条件に
そして
・カーマウント可能なマグネットリングなりプレート付きであること
を第二条件に探していましたが、
もうこの時点で無理っぽいです(笑

上記前提条件の上に
・耐衝撃性が優秀なこと
・手帳型で着脱可能であること
..等があると最高だなと思ってたのですが
そんなものは夢のまた夢!

楽しい筈であったケース探しの旅、疲れてきました。
この際、大人しくシンプルなクリアケースで我慢するか迷い始めています。

を捨てれば広がる選択肢

背面マーク見せのポリシーさえ捨てる事ができれば、幅はグッと広がるんですよ。
それこそ手帳型とかも選択肢に入ってきます。最近は本当に色々と画期的なケースが出ていて、何のポリシーもなく選べる人が羨ましいです。

ここからは自分の中の条件優劣はさて置き、探している中で真剣に良いなと思ってしまったもの達です。

■■■■■■■■
「手帳」×「手帳から分離可」×「マグネットプレート入りで車載可」

手帳からシーンに応じてソフトケースを取り外し可能、ケースの背面にマグネットプレートが入っている天才的な一品。
そのまま弊車のMagStandにも付けられそうです。
北欧スタイルか何か知りませんが手帳も手触り良さそうですし、どことなく品が感じられます。ただ、勿の論ですがマークは見えません。それ以外はほぼ理想。

■■■■■■■■
「耐衝撃」×「配慮デザイン」×「マグネットプレート入りで車載可」

ポリカーボネートxTPUのハイブリッド素材で見たまんま頑丈そうでいてスタイリッシュな所がカッチョ良いです。この程度のゴツさなら全然許容範囲。
何よりしっかりとマーク見せている辺り分かっているなと思います。
背面マグネットでカーマウントさせるならジムニーとかに似合いそう。
ちなみにiPhoneの機種によりQi充電と背面メタルプレートは二者択一みたいです。
8対応モデルは後者。11とかマークが真ん中に移動したモデルは前者。
●akutenのページを見ると8の販売ページに

本製品は、【2020年 新型iPhoneSE(第二世代)】に対応していません。
※アップルマーク位置が異なる為、装着時にポートホールとアップルマークの位置にズレが生じます。

と正直に明記されていて好感が持てます。
新SEは専用モデルを待ったとしても、11タイプだと思うのでプレートは入らないですかね。。

■■■■■■■■
「耐衝撃」×「リングホルダー一体型」×「マグネットプレート入りで車載可」

これもポリカーボネートxTPUのハイブリッド素材で耐衝撃性に優れていて且つリングホルダーとマグネットプレートを背面に装備しており、好みは分かれそうですが合理的なデザインしてます。
リングホルダーを立てればスタンドにもなって機能的には文句なしに見えます。
リングがポロっと取れてゴミ化、というリングホルダー一体型ケースでありがちな点が心配ですが、これの場合は万一そうなってもマグネットが残っている分、精神的な余裕が違いますし。
iPhone8に着けるなら非常に買いであった気がします。
ただ、悲しいかな新SEに着けるとマークの為に空いている丸印箇所は無地になってしまいますね。。

■■■■■■■■
「耐衝撃」×「アルミバンパー」×「ギルドデザイン」

アルミ削り出しで見た瞬間に惚れてしまいました。
マグネットは付いてないですが、はバッチリだし耐衝撃は言わずもがなで質感が抜群です。
ただ、ケースに1万は少しハードル高し。。最低でも年収1千万は欲しいなぁ。

■■■■■■■■
「デニム」×「デニム」×「デニム」

最高。
車載マグネット無し、マーク配慮も無し。
それでもやっぱり、肌身離さずに持ち歩く上で癒される事間違い無し。出逢ってしまった感あります。
ちょっと憧れるなぁと思って値段見ると意外とお値打ち価格。危うく勢いでポチりかけました。
せめて何とか背面真ん中に丸印開けてくれませんでっしゃろかぁ。

最後に

長々と書いてしまいましたが、素晴らしい魅力的なケースが世には溢れているなという感想です。
ワシのニーズまで本当にあと一歩。

現状のを買ってしまうイコール妥協になってしまうので、もう少し我慢したいと思いますが、上述のケースや類似商品については新iPhoneSE向けのアップデートが行われるか引き続きウォッチしていきます。
とはいえ、辛抱強く待ちたい気持ちがある一方、iPhoneSEが届いて使用開始まで予断を許さない状況。

“取り敢えず”のクリアケースで暫くは我慢するかぁ。
2つ以上のケースをその日によって使い分けるというのも手ですからね。

兎に角、新しいiPhoneSEは4年は可愛がってあげる予定なので、大事に使う為のケースも色々と楽しみたいなと思っております。

ところで
ケース探しで色々なショップやサイトを見ていて感じたことに

・iPhoneSE 第二世代
・iPhoneSE2
・iPhoneSE 2020

と沢山呼び名があって
タイトルが長くなったり、タグが多くなったり
変なとこでケース屋さんも苦慮してそうです。

iMacも2017年モデルとか2019年モデルとか言い方しますし、
「iPhoneSE 2020年モデル」が個人的には一番しっくり来ます。
もう今後ブログで書く際にはそれで行きます。