【忘備録】FirefoxのアドオンFireFTPを使ってWordPressのサイトデータを丸ごとバックアップ

 

 

※投稿よりかなりの月日が経過している為、本記事内容は参考程度でお願いします。

「ブログ開設してひと月以上経つし、まだまだ少ないとはいえ、そこそこ記事数も溜まって来たし、そろそろバックアップでもするか。」
そう思い立ち、まずはサイトデータ丸々バックアップしようかなと、ブラウザ「Firefox」のアドオン「FireFTP」を使ってみた~~~の記事になります。

これがなかなか良かった。

なぜFireFTPなのか

サイトデータをバックアップするには一般的にFTPソフトを使って必要なファイルにアクセスすると思います。
自分のWindowsマシンには昔インストールしたFFFTPという有名FTPソフトがあったのですが、Gumblarというマルウェアによってアカウント情報が盗まれるという脆弱性があったというニュースがあったりなかったりで(FFFTPの最新バージョンでは治ってますものの)ややユーザー離れの傾向にある事や、Gumblarによる攻撃によってマルウェアに感染したPCからFFFTPのアカウント情報が抜き取られる件 – やっぱりFireFTPがいいなという記事を見かけたりするうちに「なんかアレだな・・・」と思い、乗り換えようと思いました。
乗り換えるって言う程、使ってもないんですけどね。

他にもFTPソフトはフリーで色々沢山ありますし、何でも良いんですが、自分の使っているメインブラウザがFirefoxと言う事でどんなもんかなと気軽に試してみました。

加えて日本語版があるという事で。。。

FireFTP(日本語版)インストール

① アドオンファイルをダウンロード
日本語版を配布して下さってるサイトのこのページからアドオンを入手。

上記リンクをクリックするとfireftp_2.0.4.xpiというファイルがダウンロード出来るので、適当な場所にダウンロード。
見慣れない拡張子の「.xpi」はクロスプラットフォームインストールの略なんだとかで、Firefoxにアドオンを入れて拡張する為のアレ。ちなみに「.xpi」自体はアーカイブファイルらしいので、「.zip」なんかにリネームしてやると普通に中身が覗けます。いや、覗けました。

② アドオンをFirefoxにインストール
ダウンロードした「.xpi」ファイルをFirefox上にポイッとドラッグ&ドロップします。

するとインストール確認のポップアップウインドウが出てきますので、「インストール」ボタンクリック。

インストールが済むとFirefoxを再起動させられます。
ので、再起動すると・・・

↑ みたいな「寄付してくれない?」画面で再起動します。
「今度しよう。いつかしよう。」と心に誓ってタブを閉じます。
以上でインストールは無事完了です。

早速FireFTPを使ってみる

起動はFirefoxのツールバーメニュー「ツール」→「Web開発」→「FireFTP」から。
まずはアカウントを作成し、繋ぎに行くサーバーのアカウント情報を入力します。

各種情報を入力しますが、最低限必要なのは以下4点。
①の「表示名」は適当で良いですが、②~④はサーバーで設定された値である必要があります。

「そんなん覚えてない( ̄□ ̄;)」という場合も
各自が契約しているレンタルサーバーの管理画面から確認できます。

(ロリポップの場合)
管理画面にログイン後アカウント情報から確認出来ます。
(http://lolipop.jp/manual/hp/ftp-set/でも説明されてます)

正しく入力出来ましたらば接続に成功します。

画面左側が接続前からデフォルトで表示されてるローカルディレクトリ、
画面右側に接続したサーバーのルートディレクトリ(一番上のディレクトリ)みたいな感じです。

では、いよいよバックアップ。

・・・の前に

バックアップの前にアレコレ前準備しておきます。
ワンコを初めて飼うとなったら、色々とお家で迎え入れる準備をするのに似ていますね。いや、似てませんね。

■ ディレクトリ移動

ローカルディレクトリはWindowsの場合だと、「C:\Users\●●●」みたいな場所がデフォルトでは選択されてますが、お好みで好きな場所(バックアップファイルを置きたい場所)に変えます。

■ 隠しファイル表示

FireFTPの画面右上「ツール」→「設定」から「隠しファイルを表示」にチェックを入れます。
そうする事で・・・

隠しファイルを表示する事が出来ます。
WordPressの場合、「.htaccess」ファイル等が隠しになってますので、こいつらもキチンとバックアップの対象にする為に表示させておく必要があります。

いよいよバックアップ

いよいよ、というかやっとこさバックアップ開始です。今回は初バックアップという事もあり、何も考えずに全部落とす事にしました。
FireFTP画面右側の任意の場所をクリックした後(アクティブにした後)、全選択します。

Win:Ctrl+A
Mac:command+A

んで、ダウンロードしたいファイルを選択した状態で真ん中の左矢印ボタンクリック。

ダウンロードが始まります。

下に残りファイル数やら掛かりそうな時間やら経過時間やら回線速度などの進捗が表示されますが、どんどん増えて再計算を繰り返すので当てになりません(笑 あ、経過時間は唯一あてになります。

ダウンロードが終わるとコンソール画面(画面下半分のコマンドログ)の流れが止まり、画面左側のローカルディレクトリに選択したファイルがコピーされればバックアップ完了です。お疲れ様でした。

そもそもコンテンツがまだまだ少ないサイトですので、今回の総ダウンロードサイズは70MB足らずでしたが10分くらいで終わりました。わけのわからん正体不明のプラグインを使ってバックアップ取ると、もっと時間掛かるようですし、手動ではありますが、特につまづく事もなく簡単でした。

何よりFirefoxのアドオンという事で、ブラウザで完結するというのが良いですね。
実績もありますし、ファイル転送はこれからもこいつで行こうと思います。

おまけ

アカウント作成時にパスワードを入力して保存すると、次回から入力の手間は省けますが、セキュリティ上よろしくないです。ので、画面左上「編集」より(冒頭④の)パスワード欄はクリアにして保存しておく事をオススメします。

接続」の際に出てくる ↑ のような画面で、パスワードだけは毎回入力するようにした方が何かと安心です。

コメント

  1. 【忘備録】FirefoxのアドオンFireFTPを使ってWordPressのサイトデータを丸ごとバックアップ http://t.co/U9J29IZw

  2. ローカルにバックアップできるっていいね!/ “【忘備録】FirefoxのアドオンFireFTPを使ってWordPressのサイトデータを丸ごとバックアップ” http://t.co/N8ujrBS7

タイトルとURLをコピーしました