セカイモンで買ったサイドクロームを文句言いながら取り付けルーテシア

セカイモンで買いもんすルノーの続きです。

開封し、中身を確認。

背面には粘着テープ付き。
一応付けときました〜っていう具合ですが特に文句はありません。

手に取ると、純正と(多分)違って、ただのペラいステンレスの板、形状に合わせて頑張ってカットしましたっていう質感なので、あぁこんなもんだからこの価格なのかぁと納得がいきました。いや実物そんなに悪くはないですよ。

表面をマジマジと見てみると、、、

線キズ!

更には、

端っこに曲がり!

ちょっと残念。
前回書きましたが、思い返すとメールで来てた商品不備のチェックってきっとコレらに気付いて迷っての事だったかも知れません。明らさまな不備商品とも言い切れないので、そのまま出荷OKと判断されたんだと思います。折れてたりしたら流石にクレームしてましたが、寛大な私はこれを許す事にしました(本当は泣き寝入りというか面倒寝入り)。この辺は運ですかね〜。

端の曲がりは、ペラいので手で力を加えて真っ直ぐに近くしました。
線キズの方は、どうせ上からカッティングシートを貼るので気にしないことにしました。

さてシートを貼る前にフィッティングお試し。

うむ!良い感じです。
上下1mmあるかないか?ほんのわずか〜に余裕があるサイズ感でして、きゅうきゅうではないので取り付け時に苦労しなさそうです。これで万一オーバーサイズとかでしたら、流石に暴れてる所でした(^^)

このまま使えそうと分かったので、ブツブツ文句言いながらもビューカル スターメタルのメタルブルーを貼りました。

難しい・・・

間近で見ると気泡祭り!
美女応援団から美女見つけるよりも遥かに簡単に見つかります。。

でも遠目で見ると大丈夫な気がしたので、このまま突撃します。

以下ビフォアーです。

ルーテシアにメタルブルーの輝きをでカッティングシートを直貼りしてました。

これが拡大すると結構汚くなってて、、

そもそも今回のメッキクロームを取り寄せたのは、この端の方とかがヨレてきたので改めて貼り直したいと思い立っての事でした。

剥がします。

1年も経ってないのでアレですが、シール残りとか一切なくビャ〜〜と剥がれます!隅に付着してた砂埃などはキレイに拭き取りましたよ。

さてアフターは剥がれるとダメなので
今回は下地処理脱脂にシリコンオフを使用。

滅多に使わない人(私)にとって嬉しいソフト99のチビ缶タイプです。

そして取り付け〜

位置合わせも楽々で簡単に取り付けられました。
脱脂もしたのでかなり力入れないと剥がれそうにありません。

仕上がりには・・・
気泡に目を瞑れば満足です!

ビフォアーと比較すると歴然!
クロームメッキパーツの厚みが少しある分、思惑通り少し盛れておりまして宜しくなっておるかと思います。

反対側は
メタルブルーのシートが残り僅かになってきたので、恥ずかしいですが、ほぼそのまま取り付けてみました。

雨で錆びたりしない??(^^;)
経過を観察していきます。

取り敢えず今回のセカイモンでお買いモンはまぁ良かった・・のかなと思います。小キズ、曲がりはeBayだろうがヤフオクだろうが、たまにはあるでしょうし。
どうしても欲しいパーツというのが出てくれば、初心者にとって安心安全なセカイモンはまた選択肢に入ってくるかもしれません。多分。。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!

コメントは(特に初コメントの場合は承認後の公開となる為)、公開まで時間が掛かる場合が御座います。ご了承下さい。