四国カルストを初体験してきたルーテシア

大地(台地)を噛みしめてきました。

しまなみ海道を歓びと共に駆け抜けてきたルーテシアの続きです。

松山市をあとにし、ルーテシアが目指した第二の目的地は四国カルストのドライブルート

と、その前に
瀬戸内海を眺望できる下灘駅に寄りました。

ドラマのロケ地などにもよく使用されるらしい。
海の向こうに見える島は何々で〜〜と、駅に居た見ず知らずのオジさんが解説してくれました。あの島はDASH島で、あんな事があったXXメンバーもよく来て見掛けたもんだよ〜〜とタイムリーな話をしてくれたりもしました。

写真を撮ったりして満足した後、少し斜面の上にある駐車場から坂を降りてくると

いきなりビューが良かったんですわ(^^)

しばらくはこの愛媛の端っこ海沿いに国道378を楽しみながら高知方面へ。

途中、トイレ休憩と給油休憩を挟みつつ
2時間近く走ったでしょうか。

四国は穏やかな人が多いのか後ろから煽られる事もなく、美しい山々のアップダウンとワインディングをすいすいと登り降りしながら(いやホント楽しかった)四国カルスト大野ヶ原に到着。

ペンションもみの木で評判の絶品チーズケーキを求めてお昼に到着したんですが、もう売り切れで再仕込みまで2時間くらい待つ事に。。

暇なので四国カルストの道を先へ進みまた戻って来ることにしました。

曇り空でイマイチの天気、また標高が高いので移りやすい天気でしたが幸いにも降る事はなく、抜群の開放感は味わえました。オープンドライブとか最高だと思います。バイカーが多かったです。

愛媛と高知の県境近く?のてっぺんに来たところで撮影ポイントがありました。

よし!

基本的に楽しいドライブですが、山中は道幅が狭いところが多く、すれ違うことができない場所では譲ったり譲っていただいたり神経すり減らしながら。あまりスピードは出せません。

戻る時間とか考慮して終端の天狗高原までは行けず、途中で引き返してきました。

引き返してきてからはもみの木の隣にあるポニー牧場でふれあいタイム。

・・・これはヤギだったかな?笑
ともかく可愛いかったです。
関係ない話ですけど「動物好きに悪い人は居ない」ってよく言いますが、あれは少し違ってて「動物嫌いに良い人は居ない」ってのが持論です。どうでもいいですね〜

さて、満席の店内にてやっとありつけたチーズケーキとミルク。

美味しかったです。
ただ大変失礼ですが”普通に美味しい”の域を出ない美味しさで、
2時間待った甲斐あったかというと微妙でした

その後はカルストドライブルートですれ違う気力残ってなかったので
仁淀川沿いへと向かうルートを選択し、高知をひたすら東へ。

一日中クルマで移動という一日になりましたが、最高に楽しかったです。

夕暮れ前には名物の名越屋沈下橋に到着。

幅3m強なのですれ違い不可!

行って・・・

向こうまで行って・・・

また向こうから・・・

戻ってきて・・・
と遊びました。(結構こわい)

楽しかったです。
思い出してるだけで幸せな気分になってきました。

気軽に行ける距離ではないけど、クルマで高知来た時には是非寄りたいスポットです。

他にも色々行きましたが長くなるのでこの辺りで。。(つづく

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!

コメントは(特に初コメントの場合は承認後の公開となる為)、公開まで時間が掛かる場合が御座います。ご了承下さい。