内装にとてもマッチするスマートツインなドリンクホルダー

ものごっつ気に入ってます。

収納という概念がない弊車。
標準の小さいドリンクホルダーだけでずっとやってきましたが、一人じゃない時は取り合い不可避で不便です。とはいえ、プラプラなちゃちいのを今更増設するのも何だかなぁだし、良さげなやつとなると高額だしで、なかなか手が出ずにいましたが某クルマ系SNSを徘徊してて良いのを発見。

実物をオートバックスで激写。

税込約2000円。
自分の中では少々高額、ドリンクホルダーに出せる金額ギリギリという感じでしたが、実物見る限り質感が間違いありませんでしたのでそのまま購入〜。

うん、いいです。デザインが。

薄々気づいてましたが、パッケージの型紙裏に書いてある一般的な使用方法では、残念ながらベースとなるドリンクホルダーが狭〜い浅〜い弊車には取り付け不可でした。
別箇所にしっかりと「※ドリンクホルダーの形状が特殊な場合や・・(略)・・範囲内に収まらない場合は、取り付けできない場合があります」と注意書きされてます。薄々気づいてましたが、弊車のドリンクホルダーは特殊な形状だったようです。

土台となる固定部は横から見ると上記のように二段構成になっており、

中のネジとボルトを使って斜めにズラして調節することである程度大きいサイズまでフィッティング可能な仕様になっているみたいです。でも弊車ドリンクホルダーは最低サイズ以下のサイズなんで、この素晴らしい機能が使えない!

ということで、下半分にサヨナラしました。

上半分だけで勝負です。

取り付けようと思ったのはここです。

グサッと刺しました。
これだけだと案の定、ギリギリの状態でかなり不安定です。

本来は取り付けるドリンクホルダーとの隙間埋めに使用する付属のスペーサースポンジ。

こいつでレールの先を挟み込んでみたらちょっとマシに。
でもまだ衝撃 〜例えばカバンが少し当たる等〜 が加わるとバコッと飛んで行ってしまうくらいに不安定です。スポンジなのでそらそうです。

どうしようか、もう諦めようか、、
とその時!

納車直後くらいに買ったはいいが、付けるのに良い場所がない事に気付いてでも捨てられなくて家で埃かぶって眠ってた100均のマルチホルダーを発見!
ルーテシアに載せるカーグッズを100均Seriaで揃えルノー

こいつをスマートツインのレール先がくる位置に取り付けておき、レールの先をマルチホルダーで挟み込むようにしてみたらバッチリ固定されました。
取り外したい時はマルチホルダーを開けば簡単に引っこ抜けますし、取り付けてる時はマルチホルダーで挟んでいるのでそうそう外れることはなく、たまたまですが丁度良い感じに。
何かを置くわけでもないデッドスペース活用となったのも良かったし、ほんと捨てなくて良かった!

取り付け後、2ヶ月近く経ちますが普通に機能してます(^^)
固定部やレール部分はおまけで、あくまでツインなホルダーとその見た目を気に入って買ったので、ペットボトルもコーヒーカップもガムボトルも何やかんや収納できて満足です。
いやらしくない程度の落ち着いたちょいメッキ具合はどんな車の内装にもマッチするんじゃないでしょうか。多分。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!

コメントは(特に初コメントの場合は承認後の公開となる為)、公開まで時間が掛かる場合が御座います。ご了承下さい。