3月 29, 2018 - クルマ関連    No Comments

エンジン超洗浄すルノー

こういうのは気持ちの問題です。

弊車も1万キロの大台を超えてしばらく。
街乗りサンデードライバーにちょい乗られ続けること4年目の可哀想なルーテシアですが、有難いことにどっこも異常なし。ケアらしいケアといえば、オイル交換とバッテリー交換を近々考えているくらいで、何か特別にしてあげたくなり、これ系に手を出してみました。

エルフ コンプリートクリーナー10000

いわゆるガソリン添加剤です。
ワ◯ーズとかシュ◯ラスターとか色々出してますが、カーメイトから出てるやつでエルフのロゴが目立つパッケージ。エンジンオイルに合わせてelfブランドで統一。急なこだわりが湧いてきた次第です。

施工は簡単(じゃないと買わない)、
ガソリン入れる前にタンクに注ぐだけです。

以下引用。

●10,000km走行で蓄積された燃焼システムの汚れを強力除去します
●インテークバルブ、ピストンヘッド、シリンダーヘッドのカーボン・スラッジの除去、インジェクターの目詰まりを解消します。また燃費を改善し排気ガスをクリーンにします
●潤滑コーティング効果で洗浄後のエンジン性能を保持します
●水抜き効果でパワーロスを防ぎ、燃焼システムの防錆を行います
●ガソリンタンクへの注入がしやすいノズル付属

以下パッケージ裏ですが、

ものすごく良さげ。な画。
期待が高まります。

こんなんです。
注入しやすいように、こぼれないように、のノズル付属です。

ガソリンが残り僅かとなったタイミングでスタンドへ行きました。

キャップ外して中を覗くと

飴色っていうんですか?
ふへへ(^^)

ノズルを装着して

投入!

200mlなのでサッと入りました。

あとはいつものようにShell V-Powerを入れて撹拌。

効果の程は、っと走り出してみると
、、、、

イマイチよくわかりませんでした(^^;)

よく考えてみると、いつも給油してるShell V-Power自体にエンジン洗浄・保護効果があるので(調子良いのは何となくこいつのおかげもあるのかなと思ってる)、そもそもそんなに汚れてなかったかもしれません。

Shell V-Power。
それは、走るほどにエンジンを洗浄し、保護するように設計されたシェル製品の中で最も性能の高いハイオクガソリン。
Shell V-Powerには、エンジンの性能を低下させてしまうエンジン内の汚れに対して効果的に作用し、走るほどにエンジンを洗浄し、保護する設計になっています。かのスクーデリア・フェラーリもその性能の改善効果を評価し、Shell V-Powerを選択しているのです。

私がこういうのに鈍感なだけかもですが、少なくとも入れておかしくなったりはしてないので損はないかなという感じ。ちょっとでもクリーンにしてくれたなら嬉しいです。

あとは燃費向上効果の程くらいは測ろうかと、
給油直後からメーターリセットしてデータ蓄積中。
こいつ投入後ガソリン40L消費で燃費いくらだった、みたいなプチ報告ブログできたらと思います。

実はこいつで汚れ落し→取れた汚れカスがほ〜〜〜んのちょっぴりエンジンオイルの方に行く(行っちゃう)→キレイなオイルと交換して超リフレッシュ!
と目論んでの投入でしたので、今のガソリン無くなるくらいにオイル交換をしようかな、と企んでいます。

次は超加速入れる予定。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!

コメントは(特に初コメントの場合は承認後の公開となる為)、公開まで時間が掛かる場合が御座います。ご了承下さい。