5月 15, 2016 - 私用    No Comments

Fireタブをプレミアムに開封した時のAtoZ

primefire2_00
程よいサイズ感。

先日、AmazonさんからFireタブレットが届きました。
ちゃんと注文した日(Fireタブレットをプライムにポチったを書いた日)に届きましたよ。
2時間ほどで届くという”プライムなう”ではないので、
流石に午前中に注文して夕方到着。いやいや、十分です。

開封のAtoZ

それでは開封の時のアレの全て、Amazonロゴ的に言うとa⤴︎zをブログします。

primefire2_01
まず、パッケージ。
変わった封されてますね。材質は紙ですが、貧相な紙ではなくダンボール並みの強度があるしっかりとした素材の紙。
これはこれでいいんですが、物入れとしての再利用にはあまり向いてなさそうで、ケチな私としては不満でした(知らんがな

背面には、スペックが少々記載されてます。

primefire2_02
うん、全然問題ない。
昨今のタブレットとしてはローな面は否めませんが、そんな事は織り込み済みです。

primefire2_03
取り出してみると、綺麗でした。(当たり前です)
散らかしてみます。

primefire2_04

こんだけ。
USBケーブルが付いてて、とても嬉しかったです(相当敷居を下げているので、こんな事でも嬉しい)

手に取ってみます。

primefire2_05

ジャストサイズです。
比較的控え目サイズの掌なのですが、丁度でした。これ以上大きいと手に余る感じで、これ以上小さいとiPhonePlus系サイズになるんでしょうね。背面の手触り感は普通。

起動してみる

着火します。

primefire2_06

思ってたより全然綺麗なディスプレイ。
もっと粗いのを覚悟してたけど、自分の中の敷居を下げ過ぎてたのかな。

初期設定に特段難しい点はなし。
気になったのはアカウントが既にAmazonアカウントと紐付けらている状態。

primefire2_07
↑ 黒塗り部には氏名が入っています(笑

ということはですよ。
1) 注文を受ける
2)→梱包する
3)→発送する
というノーマルなケースに比べ、こいつは、
1)注文する
2)→アカウント登録する
3)→梱包する
4)→発送する
と、出荷時の手間が一つ多いという事になります。

ここでしてしまう勝手な心配は、
2)の手順がいくらほんの数分で済む作業とはいえ、”プライムなう”で注文された時にゃあ、現場は大慌てにならないかなと。「は、早くお客様の情報を登録しなきゃ!は、早く箱に詰めなきゃ!」と。ならないような発送ラインになっているんでしょうが、改めて想像してみると色々な意味で恐ろしいサービスです。今はまだサービス開始からそんなに経ってないし絶対数も多くないでしょうけど、プライムな顧客母数が増えてきて何でもかんでも「プライムなうや!」という注文のされ方をされたら大丈夫かな体壊さないかなと心配になります。

話が逸れましたが、初期設定の続き。

primefire2_08
そんなこんなで(Amazonから)監視されてる感がいつにも増して物凄いので、バックアップ設定は有無を言わさず全てオフ!(笑

初期設定が終わり、設定を見てみると

primefire2_11
ここにも氏名が(笑
メールアドレス(@kindle.com)はFire用に予めアカウントを勝手に作ってくれておられるみたいで、これはナイス。
OSのベースは限りなくAndroidのJB?KK?といった感じ。

ストレージ残量はいかがなものかなと確認。

primefire2_12

8GB? とんでもない!(笑
こういうもんといえばこういうもんですが、
空きは5GBを切っています。何もしてないのに!(笑

primefire2_13

ホーム画面のメニューは、カテゴリ別に横スクロールさせるビューで、UIは単純明快で好印象。しかし、ロースペックで無理してるからか、やや重。(何度も言ってますが、これくらいの重さに文句を言うつもりまではない)

ネット下調べで、カーナビアプリは使えないとの事でしたが、ダメ元でWebからインストールを試みたら、やっぱりダメでした。

primefire2_14
使えたら最高だったんですけどね。GPSは付いてるんだから何とかならんかね。

早速、Amazonビデオでプライムビデオを視聴しましたが、画質は十分すぎるほど綺麗だったので、ファーストインプレッションは「使えるやん!」です。

そんなに頻繁に使用する事はなく、布団のお供といった使用用途がメインにはなりますが、これから可愛がってあげようと思います。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!

コメントは(特に初コメントの場合は承認後の公開となる為)、公開まで時間が掛かる場合が御座います。ご了承下さい。