ジャパンネット銀行からキャッシュカードとトークンが届いたので早速初期登録をしたよ

JNB0

ヤフオク専用口座ですぜ!

トークン届くん?

アプリを使って送信した書類(参照:Yahooプレミアム6ヶ月無料招待を契機にヤフオクしようと専用口座としてジャパンネット銀行の口座開設をする際に書類送信アプリを使ったよ)が無事審査?に通過したようでジャパンネット銀行からカードとトークンが届きました。

まずはキャッシュカード

JNB1

…と、トークン。
“トークン”とは ↓ の画像に記載の通りです。

JNB2

わて自身、存在くらいは知っていましたが、実際にどんなもんか触れたことはありませんでした。
セキュリティ性を高める為、1分おきに発行されるワンタイムパスワードを表示してくれるキーホルダーです。

JNB3
じっと見てると、

JNB4

変わった ( ̄□ ̄;)!!
1分間隔でランダム(のように見える)数字が発行されているようです。

振込時など重要なアクションを取る時の暗証パスワードとして毎分発行されるこいつを使うことで、第三者から覗き得ない状態を作る ≒ 堅牢性を高めているのですね。
詳しいアルゴリズムは勿論分かりませんが、サーバ側でこの”トークン”のシリアルに紐付く暗証鍵が設定されており、認証時に照合を行うようです。
※ 一般的なワンタイム・パスワードの説明は以下なんかが分かり易かったです。
情報セキュリティ入門 – ワンタイム・パスワード : ITpro

トークン登録

 というわけでワンタイム・パスワードを使う為には、届いた”トークン”のシリアル登録をせねばなりません。
以下、備忘録、もとい忘備録、もとい備忘録、もとい忘備録、もとい・・・

まず、ジャパンネット銀行(http://www.japannetbank.co.jp/)よりログイン。

JNB5

ログイン時に必要な情報は、
届いたキャッシュカードの情報と口座開設時に設定したログインパスワード。

JNB6

ログインが無事済むと、
おぉ!出た!

JNB7
ワンタイム・パスワード利用登録です。
ここで、届いた”トークン”のシリアル番号とその時”トークン”に表示されているワンタイム・パスワードを入力。

ワンタイム・パスワード1分おきに変わります。
パスワードが切り替わるタイミングで認証するとタイミングによっては認証に失敗することもあります。
パスワードが切り替わったのを確認して、すぐ入力すると間違いないです。
このキーホルダーの管理も含めてめんどくさいですね。めんどくさい世の中です。めんどくさい世の中にしたのは誰だ。

ワンタイム・パスワードの登録も完了し、
ジャパンネット銀行の管理画面にようやく到達。

JNB9

悲しいかな、0円です。(当たり前

さ、取り敢えず入金するぞ~~

<<P.S.>>
トークンは電池で動いてます。
電池が切れると ↓ みたいな感じになるそうです。

ほまなかさん、情報有難う御座いました!!

ではでは m(_ _ )m


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!

コメントは(特に初コメントの場合は承認後の公開となる為)、公開まで時間が掛かる場合が御座います。ご了承下さい。